click here if you want to see your banner on this site

Author Topic: [ANN] [SUP] SuperiorCoin 日本語  (Read 1097 times)

superiorcoin

  • Newbie
  • Posts: 2
  • Karma: +0/-0
    • View Profile
[ANN] [SUP] SuperiorCoin 日本語
« on: October 04, 2017, 12:23:24 PM »

Superior Coin

Webwallet | Website | Downloads | CPU Miner | Wolf GPU Miner Radeon | CC GPU Miner NIVIDA

Facebook | Twitter

Launched on July 1, 2017

v1.0 Release - (07/01/2017)

Features:
Untraceable payments
Unlinkable transactions
Blockchain analysis resistance
Adaptive parameters

Pool Info: http://superiorcoinpool.com
Blockchain Info: http://superior-coin.com:8081

Summary

Note: 太字で記された単語の説明が、下部に明記されています。

Summary
概要
 
SUPERIOR COIN IS PRIVATE, SECURE AND SCALABLE.
スペリオルコインは、匿名性があり、安心なスケーラブル

 
Superior (SUP) coin is a secure, private, untraceable currency.
スペリオルコインは、安全で匿名性がある、追跡不可能な暗号通貨です。
 
Many crypto currencies are derivatives of Bitcoin.
多くの暗号通貨はビットコインの派生品です。
 
Superior (SUP) coin, however, is based on the CryptoNote protocol.   
スペリオルコインは、クリプトノート[CryptoNote]のプロトコルに基づいており。
 
Superior (SUP) coin has significant algorithmic differences relating to blockchain obfuscation(1).
スペリオルコインは、ブロックチェインの難読化に関する際立ったアルゴリズム上の違いがあります。
 
Superior (SUP) coin's main emission curve(2) is designed to issue 1.5 billion coins through mining, over the next 30+ years.
スペリオルコインのエミッションカーブは、今後30年以上にわたり、マイニングを通じて15億コインを発行するように設計されています。
 
Superior (SUP) coin protects privacy in three ways for all transactions on the network:
スペリオルコインは、ネットワーク上のすべてのトランザクションに対して3つの方法でプライバシーを保護します。
 
1)Ring signatures(3) hide the sending address.
1)リングシグナチャートランスアクションが混ざっている人数- 送信アドレスは見えない。
2)RingCT hides the amount of the transaction.
2)リングシーテイー[RingCT]はトランザクションの金額は見えない。
3)Stealth addresses hide the receiving address of the transaction.
3)ステルスアドレスは、トランザクションの受信アドレスは見えない。

WHY PRIVACY MATTERS
プライバシー保護
 
Superior (SUP) coin daemon(4) uses the same original CryptoNote protocol(5), aside from initial changes such as the Block Time  and Emission Speed.
スペリオルコインデーモンは、リアルタイムブロックリスト、エミッション スピード などのいくつかの初期化 変更を除いて、元のクリプトノート[CryptoNote]プロトコルと同じオリジナルプロトコルを使用します。
 
The protocol itself is based on "one-time ring signatures"(6) and "stealth addresses".
プロトコル自体は、「ワンタイムリングシグナチャー 」と「ステルスアドレス」に基づいています。
 
The underlying cryptography is essentially Daniel J. Bernstein's library for Ed25519, which is Schnorr signatures(7) on the Twisted Edwards curve(8).
基本的な暗号法はダニエル・バーンスタイン(Daniel J. Bernstein)のEd25519であり、ツイストエドワードカーブ(Twisted Edwards Curve)のシェノワシグナチャー(Schnorrsignatures)です。
 
The end result is passive, decentralized coin mixing based on heavily-tested algorithms.
最終的な結果は、厳密にテストされたアルゴリズムに基づいた受け身の分散型のミキシングです。
 
Several improvements were made on Superior (SUP) coin which covered the proper use of ring signatures for better privacy; specifically:
より匿名性を高めるためにリングシグナチャーの適切な使用をカバーする改良点がいくつかあります。特に
 
- "a protocol-level(9), network-wide
minimum mix-in(10) policy of n = 2 foreign outputs per ring signature"
「プロトコルレベル 、n=2外部出力の一つあたりのリングシグニチャーのネットワーク全体の最小ミックスインポリシー」
 
- "a non-uniform transaction output selection method for ring generation(11)"
「リングジェネレーションの不均一なトランザクション出力方法」、
 
- "a torrent-style(12) method of sending Superior (SUP) coin outputs".
スペリオル・コイン・アウトプットを送信するトレント・スタイルの方法」があります。
 

REGULATORY COMPLIANCE
コンプライアンス対応
 
Superior (SUP) coin features an opaque blockchain with an explicit allowance system called the viewkey.  It is in sharp contrast with a transparent blockchain being used by cryptocurrencies that are not based on CryptoNote.
スペリオルコインは、クリプトノートに基づいていない他の暗号通貨で使用されている透過的なブロックチェーンとは、対照的に、ビューキー[Viewkey]と呼ばれる明示的な許容システムを備えた不透明なブロックチェーンというはっきりした特徴があります。
 
 
Thus, Superior (SUP) coin is said to be "private" and "optionally transparent". 
したがって、スペリオルコインは「匿名性があり,随意的で透明」と言われています。
 
On top of very strong privacy by default, such a system permits net neutrality on the blockchain.
デフォルトにおける非常に強力な匿名性上、そのようなシステムはブロックチェーン上のネット中立性を可能にします。
 
For example,miners cannot become censors - since they do not know where the transaction goes or what it contains - while still permitting auditing when desired; for instance, tax audit or public display of the finances of an NGO.
例えばトランザクションがどうなるのか、また内容が分かっていないので採掘者は監査できませんが、税務調査やNGOから要望があれば公的な財務の表示などができます。
 
Furthermore, Superior (SUP) coin is considered by many to offer truly fungible coins.
さらに、スペリオルコインは、交換可能なコインになると多くの人が判断しています。 
 
In essence, giving out your viewkey allows someone to view your transactions without being able to access your coins.
本質的には、ご自分のビューキーを提供することで、誰かがあなたのコインにアクセスすることなく取引を見ることができます。

Superior coin is powered strictly by Proof of Work (PoW)(12), but specifically, it employs a mining algorithm that has the potential to be efficiently tasked to billions of existing devices (any modern x86 CPU). 
スペリオルコインは、プルーフオブワーク[PoW]によって厳密に動作しますが、具体的には、何十億もの既存のデバイス(現代のx86 CPU)に効率的に任命されるマイニング・アルゴリズムを採用しています。
 
Superior coin uses the CryptoNight Proof of Work (PoW) algorithm, which is designed for use in ordinary CPUs.[32]
スペリオルコインは、通常のCPUで使用するために設計されたクリプトナイト・プルーフ・オブ・ワークCryptoNight PoW アルゴリズムを使用します。

The smart mining forthcoming feature will allow transparent CPU mining on the user's computer; far from the de facto centralization of mining farms and pool mining, and thus pursuing Satoshi Nakamoto's original vision of a true P2P currency.
今後の賢いマイニングは、P2P通貨の中本哲史[Satoshi Nakamoto]の考えに従い、マイニングファームとプールマイニングの集中化という事実から離れ、ユーザーのコンピュータ上で透過的なCPUマイニングを可能にするという特性が必要となるでしょう。
 
Superior (SUP) coin has no hardcoded limit - it doesn't have a 1 MB block size limitation that prevents scalability.
スペリオルコインにはハードコード制限がありません。つまり、スケーラビリティを妨げる1 MBブロックのサイズ制限がありません。

However, a block reward penalty mechanism is built into the protocol to avoid an excessive block size increase:
しかし、ブロック・リワード・ペナルティ・メカニズムがプロトコルに組み込まれているため、過剰なブロック・サイズの増加を避けることができます。
 
The new block's size (NBS) is compared to the median size M100 of the last 100 blocks.
新しいブロックサイズ(NBS)は、最後の100ブロックのミディアム・サイズM100と比較されます。
 
 
If NBS>M100, the block reward gets reduced in quadratic dependency of how much NBS exceeds M100.
 E.g. if NBS is [10%, 50%, 80%, 100%] greater than M100, the nominal block reward gets reduced by [1%, 25%, 64%, 100%]. 
NBS> M100の場合、ブロック・リワードは、NBSがM100をどれだけ超えているかという二次依存性が減少します。例えばNBSがM100より[10%、50%、80%、100%]大きい場合、名目上のブロック報酬は[1%、25%、64%、100%]と減少します。
 
Generally, blocks greater than 2*M100 are not allowed, and blocks <= 60kB are always free of any block reward penalties.
一般に、2 * M100を超えるブロックは許可されず、<= 60kB以下のブロックは常にブロック報酬のペナルティがありません。
 

Wallet (v1.0)
Windows Installer (x32/x64): http://the-superior-coin.com/Downloads/SuperiorCoin.zip
Mac OS X: http://the-superior-coin.com/Downloads/superiorcoin_MAC-gui.app.zip

Block chain: http://the-superior-coin.com/bin/blockchain.zip

Logo:

http://the-superior-coin.com/images/Superior.png

Specifications
Symbol: SUP

Proof of Work (PoW)
  • The new block's size (NBS) is compared to the median size M100 of the last 100 blocks
  • CryptoNight Proof of Work (PoW) algorithm
  • Block time - 2 minutes
  • CryptoNote Difficulty adjustment per block

Total supply: 1.5 billion
Emition Rate 35+ years
Pre-Mine 300 Million


How is the pre-mine distributed?
  • 100Million Sold in Pre Sell
    • To be dripped out daily.
  • 200Million lock_transfer
    • Locked on a 4 year cycle where 1.8% are unlocked per month. Of that 1.8% ,  distributed as follows;  0.45%  to reward users on our platform, the other 1.35% will be lock_transfered back into the blockchain for another 4 years, where the cycle will repeat itself.

Github
  • Source: https://github.com/thesuperiorcoin
  • Superior Daemon CLI RPC Wallet: Windows 64, 32, Mac OS X, Linux 64, Source, Github release
  • CPU and GPU Miner: Windows 64, 32, Mac OS X, Linux 64, Source, Github release
  • Superior Blockchain Explorer
  • Superior Coin Mining Pool
  • Pool Merge Mining Theory

Code: [Select]
minerd -a cryptonight -o stratum+tcp://52.168.91.103:7777 -u YOUR_WALLET_ADDRESS -p x

Pools
Superior-Coin Mining Pool

Block Explorer
SuperiorCoin Blockchain Explorer

Update & News


September 5, 2017: To the Holders of Superior Coin https://www.facebook.com/TheSuperiorCoin/posts/721825484675958
September 2, 2017: To the Holders of Superior Coin https://www.facebook.com/TheSuperiorCoin/posts/720549298136910
August 11, 2017: To the Holders of Superior Coin https://web.facebook.com/TheSuperiorCoin/posts/711797065678800
August 08, 2017: To the Holders of Superior Coin https://web.facebook.com/TheSuperiorCoin/posts/710551632470010
August 01, 2017: To the Holders of Superior Coin https://web.facebook.com/TheSuperiorCoin/posts/707515416106965
July 28, 2017: To the Holders of Superior Coin https://web.facebook.com/TheSuperiorCoin/photos/706043606254146
July 26, 2017: To the Holders of Superior Coin https://web.facebook.com/TheSuperiorCoin/posts/705193176339189



FAQ
The CryptoNote Whitepaper https://cryptonote.org/whitepaper.pdf

What is CryptoNote?

CryptoNote  is the technology that allows the creation of privacy-oriented cryptocurrencies. You can visit their website. 
クリプトノートは、プライバシー指向の暗号化通貨の作成を可能にする技術です。あなたは彼らのウェブサイトを閲覧できます。
 
The level of anonymity provided by CryptoNote isn't possible with the design of the base of the code of Bitcoin.  Bytecoin (BCN) was the implementation of CryptoNote reference, and Superior (SUP) coin is based on the code of BCN.
クリプトノートが提供する匿名性のレベルは、ビートコインコードのベースのデザインでは実現できません。 Bytecoin(BCN)は、クリプトノートのリファレンスを実現したもので、スペールルコインはBCNのコードに基づいています。
 
Two of the main features of CryptoNote are ring signatures that mask sender identities by mixing coins and one-time public keys that make transactions unlinkable with each other. Their combined effect gives a high degree of anonymity without any extra effort on the part of the user.
クリプトノートの主な2つの特徴は、取引を互いにリンクできないように、コインとワンタイム公開鍵を混ぜ合わせることによって、送信者のアイデンティティを隠すリング シグナチャー です。それらの組み合わせの効果は、ユーザ側の特別な努力を要せずに、高度な匿名性を提供します。
 
Unlike Bitcoin, your funds are not held in the public address you give out to others. Instead, every time you receive a payment, it goes to an unlinkable address which is generated with random numbers.
ビートコインとは異なり、あなたの資金は、あなたが他人に与えるパブリックアドレスに保持されません。代わりに、あなたが支払いを受け取るたびに、それはランダムな数字で構成された、リンク不可能なアドレスに送られます。
 
When you decide to spend the funds in that one-time address, the amount will be broken down and the components will be indistinguishable from identical outputs in the blockchain.
そのワンタイムアドレスで資金を使うことを決めた場合、額は分割され、コンポーネントはブロックチェインの同一出力とは区別できなくなります。
 
For example if 556.44  Superior (SUP) coins are sent, the protocol will break it down into 500 + 50 + 6 + 0.4 + 0.04 and a ring signature will be performed with other 500's, 50's, 6's, 0.4's, and 0.04's in the blockchain.  Unlike the "CoinJoin" mixing method, CryptoNote mixes outputs, not transactions.
たとえば556.44スペリオル硬貨が送られた場合、プロトコールは500 + 50 + 6 + 0.4 + 0.04に分解され、リンギングチャージャーが他の値500、50、6、0.4、と0.04で、ブロックチェイン実行されます。 「CoinJoin」ミキシング方法とは異なり、クリプトノートはトランザクションではなく、アウトプットをミキシングします。
 
This means no other senders need to be participating with you at the same time or with the same amount. Any arbitrary amount sent at any time can always be rendered fundamentally indistinguishable (a mathematical proof is given in the white paper).
これは、他の送信者が同時に、または同じ金額で、あなたと参加する必要がないことを意味します。送信された任意の量は、常に、基本的に区別できなくなります(数学的証明は、ホワイトペーパーに記載されています)。
 
The degree of anonymity is also a choice rather than decided by the protocol.  Do you want to be hidden as one among five or one among fifty? The size of the signature grows linearly as O(n+1) with the ambiguity, so greater anonymity is paid for with higher fees to miners.
あなたは匿名性のレベルを選ぶことができます。それは、プロトコ―ルによって決定されるものではありません。例えば5人や50人の中であなたの存在を隠すことができます。
シグネチャのサイズは曖昧なO(n+1)曲線と増加し、より匿名性が高い採掘者へより高い報酬が支払われます。
 
Ring signatures from CryptoNote:
A normal signature looks like this. There's only one participant, which allows one-to-one mapping.
リンギングチャーチャーについて説明します。クリプトノートから再現: 普通のシグナチャーは、参加者が1人だけで、1対1のマッピングが可能 のようにみえます。



A ring signature obscures identities because it only proves that a signer belongs to a group.
 リーグシグナチャーは、署名者がグループに所属していることを証明するだけなので、アイデンティティをあいまいにします。



This allows a high level of anonymity in cryptocurrency transactions. You can think of it as decentralized and trustless mixing.
これにより、暗号化トランザクションにおける高いレベルの匿名性が可能になります。あなたは、それを分権可能で信頼できないミキシングと考えることができます。




How does this compare to other anonymous solutions?
これは他の匿名性ソリューションと、どのように比較されますか?
 
Ring signatures originate from the work of Rivest et al. in 2001 and the implementation in CryptoNote relies in particular on Fujisaki and Suzuki's work on traceable ring signatures originate from the work of Rivest et al.
リングシングナチャーは、2001年にリベスト(Rivest)らの研究から生まれました。クリプトノートでの実行は、特に、藤崎と鈴木の功績である、追跡可能なリンクグシグナチャーに依存しています。
 
There are two other  implementations of anonymity currently available or currently in development.
現在利用可能な、または現在開発中の匿名性の方法は2つあります。

One implementation is ZeroCoin/ZeroCash's use of zero-knowledge proofs. The other implementation is based on gmaxwell's CoinJoin idea (such as mixing services for bitcoin or the alternative cryptocurrency coin called Darkcoin).
1つは、ZeroCoin / ZeroCashのゼロ知識証明の使用です。他の実行方法は、gmaxwellのCoinJoinのアイデアに基づいています(例えば、ビットコインやアルトコインと呼ばれるDarkcoinという別の暗号化コイン用のサービスを混在させるなど)


[/b]1. Comparison with ZeroCoin and ZKP-based approaches:[/b]
[/b]およびZKPベースのアプローチとの比較:[/b]
ZeroCoin

You can read about ZeroCoin and zero-knowledge proofs (ZKP).
ここでは、ZeroCoinとゼロ知識証明(ZKP)について、確認できます。
 
The ZK environment allows an anonymity set that includes everyone in the network.  The validity of an output can be proven without knowing the corresponding public key until the output is spent.
ZK環境では、ネットワーク内の全員を含む匿名セットが許可されます。出力の有効性は、出力が消費されるまで、対応する公開鍵を知らなくても証明できます。
 
The largest risk is that this is recent research-level cryptography that hasn't been subjected to years of cryptanalysis, so exploits may emerge down the road.
最大のリスクは、これが長年の解読法に従わなかった、最近の研究レベルの暗号であることです。そのため、悪用される可能性もあります。
 
Ring signatures are much simpler and more mature, with many peer-reviewed papers published over more than a decade.
リンギングチャーチャーはずっとシンプルで成熟しており、10年以上にわたり多くのピアレビュー論文が出版されています。
 
Other issues with ZKP include the RSA private key used to initiate the accumulator. The participants must trust the generating party with destroying the accumulator.
ZKPのその他の問題には、アキュムレータを開始するために使用されるRSAプライベートキー(秘密鍵)が含まれます。参加者は、アキュムレータを破壊して、ジェネレイティング・パーティを信頼しなければならなりません。
 
It also obscures the entire economy, not just the identities of the sender and the identities of the receiver.
また、送信者の身元と受信者の身元だけでなく、暗号化通貨経済全体を覆い隠します。
 
If the ZK system is compromised, then an attacker can continuously spend coins that don't exist using false proofs.
ZKシステムが侵害された場合、攻撃者はフォルス・プルーフを使用して、存在しないコインを継続的に使うことができます。
 
This damage is hidden from everybody due to total blinding and consequently at any given time it's not possible to know if the network has already been compromised.
この損傷は、完全な盲目化により誰からも隠れているため、ネットワークが侵害されているかどうかを、知ることはできません。
 
There is a tradeoff between these inherent risks and the maximal anonymity set provided by ZKP.
CryptoNote aims for a different balance through the dual layers of privacy provided by one-time keys and リング シグナチャー.
これらの内在するリスクと、ZKPによって提供される最大限の匿名セットとの間にはトレードオフがあります。クリプトノートは、ワンタイムキーとリングシグナチャーによって提供される、プライバシーの二重のレイヤーによって、異なるバランスを目指しています。

2. Comparison with CoinJoin-based approaches:
2.CoinJoinベースのアプローチとの比較:
 
Superior (SUP) coin is more qualitatively similar to mixing implementations like CoinJoin. The differences arise in the departure from the bitcoin protocol, which allows Superior (SUP) coin to use new cryptography to provide decentralized and trustless mixing of superior quality.
スペリオルコインは、CoinJoinのようなミキシングの実行と質的に似ています。
この違いは、ビットコインプロトコルからの脱却で起こります。これは、優れた品質の分散型で信頼できないミキシングを提供するために、スペリオルコインが新しい暗号方を使用できるようにします。
 
The critical problem with mixing services is the need to trust the operators. 
ミキシングサービスの重大な問題は、オペレーターを信頼する必要があることです。
 
As an example, the mixer of blockchain.info gives the following disclaimer: "However if the server was compromised or under subpoena it could be forced to keep logs. If this were to happen, you haven't gained any privacy, but you haven't lost any either."
例として、blockchain.infoのミキサーは次のような免責事項を示しています。「サーバーが侵害された場合、または召喚された場合、ログ保存を強いられる可能性があります。もし、仮にそうなってもプライバシーを失うことはありません。
 
The CoinJoin-inspired Darkcoin performs mixing with selected "master nodes" since it still uses ordinary signatures that can be mapped one-to-one.
CoinJoin由来のダークコインDarkcoinは、1対1にマッピングできる通常のシグネチャーをまだ使用しているため、選ばれたマスターノードとのミキシングを実行します。

The motivation is that a randomly selected node is less likely than a single service to exhibit bad faith (such as keeping logs).  In practice, a few VPS companies host the vast majority of nodes and this approach relies on the integrity and good behavior of these nodes.
動機は、ランダムに選択されたノードが単一のサービスより不誠実さを示す可能性が低いことです(ログの保存など)。実際には、いくつかのVPS企業が大半のノードをホストしており、このアプローチはこれらのノードの完全性と良好な動作に依存しています。
 
Superior (SUP) coin more fundamental cryptographic approach doesn't have these vulnerabilities, and the quality of anonymity is much higher.
スペリオルコインより基本的な暗号法アプローチは、これらの脆弱性を持たず、匿名性は、はるかに高いです。
 
The ring signatures of Superior (SUP) coin are also far more secure and convenient than CoinJoin because they mix outputs.  They do not mix transactions.
スペリオルコインのリング署名はまたアウトプットが混ざり合っているため、コインジョインCoinJoinよりはるかに安全で便利で、トランザクションを混在させません。
 
This means a transaction does not involve waiting around for other senders to mix with; nor is a user restricted to mixing only if others are sending the same amount.
これは、トランザクションが他の送信者が混在するのを待つことを伴わないことを意味します。他のユーザーが同じ量を送信している場合に限り、ユーザーはミキシングに制限されません。
 
Arbitrary amounts can be sent at any time without anyone else's participation. This feature makes a timing analysis of the blockchsin useless.
他の誰の参加もなくいつでも任意の金額を送ることができます。この機能により、ブロックチェインのタイミング解析が役に立たなくなります。

Overview of a transaction:
トランザクションの概要:
 
Bob decides to spend an output, which was sent to the one-time public key. He needs Extra (1), TxOutNumber (2), and his Account private key (3) to recover his one-time private key (4).
ボブはワンタイム公開鍵に送られた出力を使うことにします。彼はワンタイム秘密鍵(4)を回復するために、Extra(1)、TxOutNumber(2)、および彼のアカウント秘密鍵(3)を必要とします。
 
When sending a transaction to Carol, Bob generates its Extra value by random (5). He uses Extra (6), TxOutNumber (7) and Carol's Account public key (  to get her Output public key (9).
Carolにトランザクションを送信するとき、Bobはrandom(5)によってExtra値を生成します。彼は、Extra(6)、TxOutNumber(7)、およびCarolのアカウント公開鍵(Cool)を使用して、出力公開鍵(9)を取得します。
 
In the input Bob hides the link to his output among the foreign keys (10). To prevent double-spending he also packs the Key image, derived from his one-time private key (11).
入力において、ボブは、外部キー(10)の間の彼の出力へのリンクを隠します。二重支出を防ぐために、彼はワンタイム秘密鍵(11)から派生したキー画像もパック(圧縮保存)します。
 
Finally, Bob signs the transaction, using his one-time private key (12), all the public keys (13) and key Image (14). He appends the resulting ring signatures to the end of the transaction (15).
最後に、Bobはワンタイムプライベートキー(12)、すべての公開キー(13)、キーイメージ(14)を使用してトランザクションに署名します。彼は、リング署名の結果をトランザクションの終わりに書き添えます。(15)




Appendix

Blockchain obfuscation: mixing various coins to hide or make them untraceable
Block time: time required to solve a math puzzle
CryptoNight: PoW algorithm for PC CPUs for mining, in the CryptoNote codebase.
CryptoNote protocol: an application layer protocol that powers several decentralized privacy oriented cryptocurrencies.
Daemon: a background process that performs a specified operation at predefined times or in response to certain events.
Emission curve: the rate at which tokens or coins are distributed
Emission speed: how fast more coins are produced
Minimum mix-in policy: the smallest amount of other coin wallets that your coins mix with to make a transaction anonymous
Non-uniform: it does not always select the same wallets for mixing. It selects in a non uniform way
One-time ring signatures:
Output: data generated by a computer at a software level - such as the result of a calculation - or at a physical level - such as a printed document.
Proof of Work (PoW): economic measure and work required in processing power/time by a computer to deter "denial of service" attacks on the blockchain network.
Protocol-level: at the software's core level
RingCT:a method of hiding transaction amounts in the strongly decentralized anonymous cryptocurrency Monero.
Ring generation: path generated
Ring signatures: the number of people the transactions mix with
Schnorr signatures: an algorithm that produces a digital signature. Its security is based on the intractability of certain discrete algorithm problems. It is considered the simplest digital signature scheme to be provably secure in a random oracle model.  It is efficient and generates short signatures.
Stealth address: hidden address
Superior Coin daemon: the background process
Torrent style: taking and giving from different places
Twisted Edwards curve: Important elliptic curves in public key cryptography and are at the heart of an electronic signature scheme called EdDSA that offers high performance while avoiding security problems that have surfaced in other digital signature schemes.
TxOutNumber: Transmission out number
Viewkey: special key to see inside the user's account.


Mining Discussion
https://bitcointalk.org/index.php?topic=2170457

BitcoinTalks ANN SUP English
https://bitcointalk.org/index.php?topic=2088169.0
https://bitcoingarden.org/forum/index.php?topic=20129.0
« Last Edit: October 04, 2017, 12:32:43 PM by superiorcoin »

 

Bitcoin Garden 2013-2021, All rights reserved | Privacy Policy | DMCA | About Bitcoin Garden | Support & Services